待ちに待ったオークションが始まります。〜@フラグメント祭り〜 2021.10.2

1.スクリーンショット 2021-09-30 21.41

Infomation(コト) - 展示会・イベント

数年前から絨毯ファンから注目を集めていたオークションがドイツのシュツットガルトでいよいよ始まります。
Orient Stars 2  RIPPON BOSWELL 
<2021 10.2 at 6 p.m. (日本時間10月3日 午前1時)>
出品される絨毯の大半はボロボロのフラグメントばかり。
ただ絨毯マニアにとってはどれもこれもが、歴史的価値の高い貴重な絨毯です。
世界各地の絨毯オタクにとって、大注目のオークションを紹介します。

出品される絨毯をコレクションしたE.Heinrich and Waltraut Kirchheim (以下ハインリッヒとワルトラウト・キルヒハイム)夫妻については、ワシントンDCのテキスタイル美術館が主催するVIDEOギャラリー(において、現在アンティークテキスタイル業界の中で最も知られたキュレーターの一人であるMichael・Franses(以下マイケル・フランシス)氏の解説付きで公開されています。
さらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

スクリーンショット 2021-10-01 11.11.23
ワシントンDCのテキスタイル美術館の映像

カーペット研究の第一人者であるマイケル・フランシス氏が、これまでに集められた最も重要なトルコ・カーペット・コレクションの一つであるHALIマガジン社の出版物に収録されているカーペットの一部を紹介しています。リンク先
Anatolian Tribal Rugs 1050-1750: The Orient Stars Collection」では、1993年以降にハインリッヒ&ヴァルトラウト・キルヒハイム夫妻が収集した代表的な「Orient Stars」コレクションに加えられた初期のトルコ・中央アジアの絨毯が初めて紹介されています。

オリエントスター2

E. Heinrich and Waltraut Kirchheim(ハインリッヒとワルトラウト・キルヒハイム)夫妻が集めた「Orient Stars」コレクションは、世界で最も重要な絨毯コレクションのひとつです。
歴史的、文化的に重要な美術品を対象としており、主要な美術館の所蔵品に匹敵するものです。
1993年の夏にハンブルグで開催された第7回オリエンタルカーペット国際会議(ICOC)の際には、218点にも及ぶコレクションのすべてがDeichtorhallenで初公開されました。また、1993年夏に開催された第7回ハンブルグ国際会議(ICOC)の際に、218点のコレクションが初めてDeichtorhallenで展示されました。同時期に出版された『Orient Stars.A Carpet Collection』はラグ文学の金字塔となっています。この展覧会はその後、ハンブルクからシュトゥットガルトに移動し、リンデン博物館で2ヶ月間展示されました。

*1994年には大阪の国立民族学博物館が主催した「絨毯〜シルクロードの華〜」でその一部のコレクションが展示されました。

f8d093f95d63ac054f1a
国立民族学博物館主催の絨毯展示会の図録

秘蔵の絨毯の出版は、キルヒハイム夫妻の収集人生の頂点を示すものでしたが、同時にそれは、当初彼らが興味を持っていた絨毯のグループからの脱却でもありました。
他の多くのコレクターと同様に当初は彼らも、19世紀のコーカサス地方のラグに注目していました。
1986年に購入した「ベリーニ」という絨毯は、ハインリッヒ・キルヒハイムが最初に「気移り(浮気)」と呼んだものでしたが、結果的には重要な決断となりました。
これがきっかけで、キルヒハイム夫妻は歴史的なアナトリアン・ラグの魅力的な世界への扉を開いたのです。
彼らはそれまでの好みに代わって、この新しい収集分野を視野に入れたコレクションの幅を広げていったのです。
キルヒハイム夫妻は、「イエローグループ」と呼ばれるアナトリアのキリムや村の敷物を手に入れました。
1990年にアメリカの建築家クリストファー・アレキサンダーが収集した、初期の断片的な絨毯を集めたコレクションの展示会は、ハインリッヒ・キルヒハイムに大きな影響を与え、パラダイムの変化を告げるものでした。
マーストリヒトで開催されたTEFAFフェアでキルヒハイム夫妻と出会ったマイケル・フランシスは、1991年9月に夫妻をイスタンブールに招待し、ミュージアムツアーを行いました。
当時、イスタンブールのトルコ・イスラム美術博物館の館長を務めていたナザン・オルセル氏の計らいで、館内の最高傑作や最古の作品を鑑賞することができたのです。

スクリーンショット 2021-09-30 21.36.38
ベリーニと呼ばれるコレクションの逸品の一枚

ベリーニ “カーペット ロット 58
起源 :中央アナトリア、コンヤ サイズ:248 x 148 cm
年代:1600 〜1650 見積もり金額: €100,000 – 120,000

中央に長方形、両端に大きな八角形を配した緑の盾形が、赤い地に自由に浮かんでいる。
中央の軸には白い輪郭の3つのロゼットがあり、アクセントとなっている。
黄色い縁取りでは、鋸歯状の装飾が赤い幾何学的な蔓でカルトゥーシュ風に縁取られている。- この魅力的なコンヤは、ジョン・ミルズが「ベリーニ」タイプという言葉を作った「キーホール」カーペットのグループに属する。ベニスの2人の兄弟、ジェンティーレ(1429-1507)とジョヴァンニ・ベリーニ(1437-1516)は、それぞれの絵の中で、鍵穴をモチーフにした絨毯を描いていますが、元々は鍵穴が下側に開いていて、フィールドに向かって閉じていました。
このモチーフは他の画家の作品にも見られることを考えると、鍵穴モチーフの敷物全体を彼らの名前で呼ぶのはいささか恣意的である。鍵穴モチーフの最古の例は、ベルリンの博物館に所蔵されているカイロのマムルーク家の祈祷用敷物(1500年頃)のようである。
16世紀初頭には、西アナトリアの中心地ウシャクでも、フィールドの下端に鍵穴のモチーフが付いた祈祷用敷物が織られていました。
ベルリンの博物館には、特に美しい2つの作品が所蔵されている。キルヒハイムの絨毯では、鍵穴が別の文脈で表現されています。
鍵穴は二重になり、180度回転して、より大きな盾のような形に組み込まれています。
このような大きなモチーフは、19世紀のコーカサス地方のラグによく見られます。キルヒハイム夫妻がザイラーから購入したラグ「ベリーニ」は、オリエントスターズ・コレクションの発展のための転機となりました。この絨毯は、夫妻に歴史的なアナトリア絨毯の世界への扉を開いてくれました。
レイアウトの明瞭さ、構成による記念碑的な効果、そして素晴らしい色彩は、彼らのお気に入りの作品となりました。(DM)

絨毯蒐集への執念

また、ヴァキフラール博物館やトプカプ博物館では、収蔵庫を開放してくれたそうです。
この旅と、初期のトルコ絨毯に対する強烈な印象は、キルヒハイム夫妻に深い影響を与え、彼らの人生を決定づける瞬間となりました。
それ以来、彼らの収集活動は初期アナトリアン・トライバル・ラグに集中し、キルヒハイム夫妻は、まだ入手可能な、あるいはときおり現れる最高の、そして最も古い絨毯を探し求めました。
出版物の準備、ハンブルクとシュトゥットガルトでの展覧会の準備を進める一方で、彼らはさらなる逸品を精力的に探し続け、ベルリンのイスラム美術館での第2回目の展覧会と、新たに入手したものを特集した第2回目の出版物の構想を練り始めました。
当時、マイケル・フランシスはすでに2冊目の本の執筆を承諾してました。

1993年に行った大きなイベントの後にキルヒハイム夫妻はコレクションの整理を始めました。
どの作品がどうしても必要で、どの作品を手放すかを決める必要がありました。
まず、シュトゥットガルトのリンデン博物館、ベルリンのイスラム美術博物館、メンヒェングラートバッハのシュロス・ライド博物館など、いくつかの博物館が寛大な寄付を受けました。初期のアナトリア絨毯6点は、ニューヨークのメトロポリタン美術館に貸し出され、1993/94年から2012年まで展示されました。
その後、コレクションの大部分をオークションにかけることにしました。今から22年前の1999年10月2日、88点の絨毯、キリム、シルク刺繍などのテキスタイルを集めたオークション「Orient Stars」が開催されました。当時、有名なタイプAのスターカザックが29万マルクという最高額のハンマープライスを獲得しました。
この売却益は新たな購入品に投資されました。
「Orient Stars」に掲載された作品のうち、この2回目のオークションのカタログには掲載されていないいくつかの作品が個人的に売却され、1993年時点で購入されていた32点の作品の購入資金に充てられました。

スクリーンショット 2021-09-30 21.35.27
「アンカー」カーペットと呼ばれるコレクションの一枚

「アンカー」カーペット The “Anchor” Carpet
Lot:53 Origin Central Anatolia, Karapinar
サイズ:334 x 165 cm 年代:1400~1500  見積もり金額 €120,000 – 150,000

赤地のカラピナールの記念碑的作品である「アンカー・カーペット」という名前は、緑の六角形の中央メダリオンの先端から伸びる2本の長いポールの両端に、力強いアンカー(錨)の形があることに由来します。
マーストリヒトのアートフェアで、ザルツブルグのギャラリーオーナー、フランツ・ザイラーからキルヒハイム夫妻が購入したものです。
大判のアナトリアン・トライバル・ラグは数えるほどしか現存していませんが、このユニークな例は、この種のものの中では最も優れた、印象的なものの一つです。ダークブラウンの幅広のボーダーには抽象的な神話上の獣が描かれており、マイケル・フランシスが「ファビュラス・クリーチャー・ボーダー」と呼ぶタイプのものです。(DM)

個人コレクションの意味

個人のアートコレクションは、静的なものではなく動的なものです。所有者の視点の変化を反映し、発展のプロセスを示しています。
同様に、オリエントスターズ・コレクションの性質も1993年を境に変化しました。
今回のコレクションのほとんどは、非常に古い希少なアナトリアン・トライバル・ラグの断片であり、そのほとんどがマイケル・フランシス氏の新著で初めて公開されます。
伝統的にヨーロッパに輸出されてきたオスマン帝国時代の教科書のような、アナトリアン・ラグの中でも確立された「クラシック」は、ハインリッヒ・キルヒハイムを魅了してやみませんでした。
キルヒハイムは、その起源を求めて、遊牧民の部族の敷物とその古代のデザインにたどり着きました。
トルコで発見されたものもあれば、チベットの僧院で何世紀にもわたって保存されていたものもありました。
こうして、ハインリッヒ・キルヒハイムは新しい哲学の主人公となり、彼が踏み出した道から後戻りすることはできなくなったのです。
その頃、マイケル・フランシスは彼のチーフコンサルタントになっていました。
ハインリッヒは、以前キルヒハイムに重要な作品を売ったことのあるギャリー・ミューズから、かなり大規模な初期のアナトリアン・トライバル・ラグ群を購入ました。
その他の作品は、他の美術商やオークションで購入したものです。
現在、コレクションは合計95点に達しています。

最初の本に掲載されている218番の「顔」の絨毯は、イスラム時代に作られたアナトリアの絨毯としては最古のものです。
チューリッヒ工科大学で行われた炭素年代測定により、この絨毯が1050年から1200年の間に作られたことが証明されています。
この絨毯は、コレクションの中でも最も重要なものです。

スクリーンショット 2021-09-30 21.33.39
「顔」と呼ばれる歴史的価値の高いコレクションの代表的な一枚

「顔」絨毯 The “Faces” Rug  
Lot:29 Origin:East AnatoliaDimensions
235 x 171 cm 年代: C14 = 1042-1218 見積もり金額 €700,000 – 800,000

このユニークな絨毯は、キルヒハイム家がミュンヘンの元画廊主エルバーハート・ヘルマンから購入したものである。
「オリエントスター1」(p.350)に掲載されている詳細な説明と、その謎めいたデザインについての解釈は、ヘルマンが書いたもので読み応えがあります。
この作品は、2人の人間の顔がまっすぐに見ることができ、それぞれが長い柱の上に乗っていることから、「顔のラグ」と呼ばれています。
この作品の歴史的、美術史的、民族学的意義は計り知れないものがあります。
現存するイスラム時代の最古のアナトリア絨毯であるこの作品は、セルジュク王朝時代の絨毯よりも200年ほど前に織られた可能性があり、ストックホルムのマービー絨毯やベルリン美術館の竜と鳳凰の絨毯などの有名な作品よりもはるかに古いものです。
「顔の絨毯」は、1050年から1200年の間の時代にさかのぼります。
十字軍が聖地を目指し、1099年にエルサレムを征服したときには、すでに存在していたのではないでしょうか。
この絨毯は、東アナトリアのクルド人によって織られたものであるというのが、現在の学者たちの見解ですが、フィールドデザインのスタイルだけでなく、オフセットノットを用いた技法からも示唆されています。関連する背景情報はすべて、マイケル・フランシス氏の考察にまとめられてます。(DM)

止まっていたオリエントスター2の出版

ハインリッヒ・キルヒハイムが進めていた計画は、2006年に彼が早世したことで急遽終了しました。
ベルリンでの展覧会は開催されず、2冊目の出版物のプロジェクトも中断されました。
2019年、キルヒハイム家がコレクションをオークションで売却することを決め、私たちにそのプロジェクトを依頼してきたとき、私たちは、コレクションの品々を他の誰よりも知っているマイケル・フランシスと緊密に協力することに即決しました。
マイケルは、相続人からの依頼を受けて、友人のハインリッヒと交わした昔の約束を果たすべく、2冊目の本の制作を始めました。
「Orient Stars 2』は、1冊目と同じフォーマットとデザインで、コレクションの75点が初めて図解されるか、最新の知見に基づいて再出版され、詳細に語られる予定です。(出版は2021年9月を予定しています。)

私たちの「Orient Stars 2」オークションでは、ラグやその他のテキスタイル全95点と、歴史的な絨毯に関する貴重な専門書3冊が出品されます。
カタログに掲載されている作品の説明は、「Orient Stars 2」に掲載されている説明を引用し、(MF=Michael Franses)がそのように確認したものか、または(DM=Detlef Maltzahn)が確認した私たち独自の説明です。ただし、後者はMichaelの議論の要点に沿ったものであり、年代、出所、図像の詳細についてもMichaelが述べています。両出版物のフルタイトルと展覧会の日程の詳細が繰り返されるのを避けるため、略語を使用しています。

Orient Star1 = Kirchheim, E. Heinrich (publ.), Orient Stars. カーペット・コレクション。Stuttgart and London 1993
Orient Star2 = Franses, Michael, Orient Stars II. A Carpet Collection. ロンドン 2021

スクリーンショット 2021-09-30 21.40.15
スペインの乗馬学校と呼ばれる動物紋様の絨毯

スペインの乗馬学校 ”The Spanish Riding School” 
Lot:31 産地:East Anatolia  サイズ:205 x 154 cm  
年代: 1300 – 1350  見積もり金額:€750,000 – 900,000

この東アナトリア初期の動物絨毯は、オリエントスターズ・コレクションの中でも最も貴重なものの一つです。
3枚の破片が残っており、それらを再構成して上半身のほぼ全体像を示しています。構成は、細長い八角形のような形をした2つの大きな区画を縦に並べて、絵のように縁取ったものと思われます。下の八角形は右上の部分しか残っていませんが、これだけで、上の八角形に置かれた2つの大きな動物が、下の八角形では反転しているものの、同じ形と大きさで描かれていることが確実になりました。
コレクターが作品につける名前は、個人的な連想に基づいていることがあります。キルヒハイム家では、この東アナトリア時代初期の敷物を「スペイン乗馬学校」と呼んでいますが、これは上段の収納部に2頭の馬が後ろに並んでおり、馬術のように前足を上げていることに由来しています。首が長く、頭が小さく、背中の三角形はコブのようでもあり、テントのようでもあることから、ラクダであることは明らかです。
ボーダー部分も含めて全体が赤地であることから、全体のデザインが重なって見える。
特にクフィック体で描かれた直線的なメインボーダーが印象的である。この重要な美術品の歴史や分類については、マイケル・フランシス氏の論考を参照されたい。(DM)
「オリエントスター2」no.8のマイケル氏による詳細な考察と美術史的評価

以前の所有は チノ・ロンコローニ、カトマンズ

orientstara. 1
「オリエントスター1」&「オリエントスター2」

刊行物
Franses, Michael, A Little More Light on Early Animal Carpets. In: 神は美しく、美を愛する。The Object in Islamic Art and Culture. New Haven and London, 2013, pl. 244, p. 258 *** OS 2, no. 8

美術館での展覧会の全容は以下の通りです。
●ハンブルグ、Deichtorhallen、「オリエント・スターズ」。1993年5月6日〜6月20日
●Stuttgart, Linden-Museum, “Orient Stars”. 1993年7月3日から8月29日
●ニューヨーク、メトロポリタン美術館、1993/94年から2020年まで(6点貸与
●大阪、国立民族学博物館、「絨毯、〜シルクロードの華〜」1994年
●メンヒェングラートバッハ、シュロス・ライド博物館、「オリエント・スターズ」1995年9月
●イスタンブール、トルコ・イスラム芸術博物館、「13世紀から18世紀までの初期トルコ絨毯」1996年9月26日〜11月12日
●ケルン、オスタシアティック・クンスト美術館 “Glanz der Himmelssöhne”(ヒンメルショーネの輝き)。
2005年10月15日から2006年1月16日まで
●ミラノ、ブレラ美術館、”Crivelli e Brera”、2009年11月26日から2010年3月28日まで
●デトレフ・マルツァーン ヴィースバーデン、2021年9月

スクリーンショット 2021-09-30 21.34.29
イエローグループと呼ばれる黄色いフィールドのアナトリアラグ

文献:BESELIN, ANNA, Knots. 芸術と歴史。ベルリンのカーペットコレクション。ベルリン2018、26、27、28

参考文献:The Orient Stars1. The Orient Stars2.By E.Heinrich and Waltraut Kirchheim and Michael Franses.  「絨毯〜シルクロードの華〜」杉村 棟著
参考映像:Anatolian Tribal Rugs 1050-1750: The Orient Stars Collection by GW Museum and Textile Museum

執筆者:T.Sakaki